ラベンダーヒル セラピスト向けカウンセリング、サロン開業・経営コンサルティング ラベンダーヒル ご注文・お問い合わせ

トップページへ


スクール・セミナー


求人情報


サロン開業サービス


ラベンダーヒルリンク集


マッサージベッドセール中

東京のラベンダーヒルまでのアクセス
東京のラベンダーヒルまでのアクセス

ラベンダーヒル サロン開業・経営コンサルティング&
セラピスト向けカウンセリング


アロマ・リフレ・エステなどのサロン経営・開業に関するよくある質問と私の回答です

2010.3.19 更新

回答者: サイト管理人、サロン開業・経営コンサルタント 増子稔 電話 090-3693-8628 / 03-3810-7050 
ご連絡はお電話もしくはメールでお気軽にどうぞ!

第1章 開業について

1-1.サロン開業のポイントについて | 1-2.開業の形態について | 1-3.サロンの店舗の探し方 | 1-4.アロマサロンの開業について | 1-5.フェイシャルのみの開店は可能か | 1-6. サロンの経営形態について | 1-7. 開業の税務処理について | 1-8.開業前のHP作成時の注意点について | 1-9. 開業キャンペーンについて| 1-10.セキュリティ対策について | 1-11.店舗を借りる際に気になる競合店の存在について | 1-12. ロイヤリティについて

 
第2章 営業方法について

2-1.集客についての数の論理 | 2-2.商圏について | 2-3.集客・営業活動の実例について | 2-4.インターネットを利用した集客について | 2-5.チラシについて | 2-6. ポスターの作成のポイントについて | 2-7. ポスティングについて | 2-8. ライトアップについて| 2-9. 出張について | 2-10. 定休日について | 2-11. 留守番電話について

第3章 サロンの運営について

3-1. クレームについて | 3-2. 困った男性客の対応法について | 3-3.体験教室について | 3-4. レンタルルーム・レンタルサロンの活用について | 3-5. サロンの個人事業者向けの営業支援システム | 3-6. コンサルティングの進め方・準備について





※お断り: このサイトの記載内容は平成16年6月時点での社会状況に基づいております。 このQ&A内容のご利用により直接的・間接的に発生した得失等について、 サイトの管理人は一切の責任は負いません。全てご利用になる方の自己責任でご判断・行動下さいますようお願い申し上げます。

 

第2章 営業方法について
2-7.ポスティングについて  

Q.ポスティングの効果的なやり方がありましたら、教えて下さい。

A. アイデアだけを申し上げれば、ポスティングも、効果的な方法がたくさんあります。 これは、その1例です。

1.アロマのお店の場合、ポスティングするチラシにオイルで匂いをつけ、ビニール袋に入れてポスティングする方法です。 チラシを見た方が、「おっ、このチラシだけは、他と違う」と中を見てくださる確率が上がります。 また視覚のみならず、嗅覚を刺激するので、アロマが好きな方へはかなり効果大です。

2.ポスティングをするときに、ポストの中まで全部入れないで、ポストの投入口に、一部をハミ出させておく。ポストの中からバサッとまとめて取られて捨てられる可能性が減り、 見てもらえる確率が高まります。 先に話した、確率を上げる一つのアイデアですね。

3.これはある方から聞いたのですが、「ポスティングする時間帯を、いつも新聞屋さんが新聞を配達した後、家の方が新聞を取る前に行い、チラシ を新聞の中ではなく、2つ折の丸めた中に入れ、人の目につきやすいようにしている。」などもいいアイデアです。

数多い、折込チラシの中の1枚ではなく、特別な1枚として、見てくださる方が多くなると思います。


もうお分かりの方も多いと思います。大切なのは発想なんです。 あそこのお店はこうしていたから、うちもこうしなくては・・ではないのです。


第2章 営業方法について
2-8.ライトアップについて 

Q.夜になると今の看板では効果もなくなってしまい、時間がもったいないような気がします。お金をかけて、ネオンのような看板を出した方がよいでしょうか?

A. 私が最初に出したお店はマンションの2階にあったのですが、親切な友達の大家さんが看板をだしてもいいということで、通りに面した1階の歩道のそばに、 浅草のかっぱ橋の道具街で買ってきた、飲食店がメニューを掲示しておく12,000円の看板に、ホームセンターで購入した1200円ぐらいのクリップライトを付けて 、ワープロで作りラミネート加工したものを看板の中身として入れて、いつも夜12時まで、ライトアップしておいて置きました。

もちろん、その看板の前には100円ショップで買ったメッシュの籠に、ビニール袋で雨にぬれても大丈夫なようにしたチラシをいれておいて置きました。 

看板をだせるサロンの方は閉店と同時に看板やチラシを閉まってしまう方がいらっしゃいますが、とてももったいないことだと考えています。

手製の看板をライトアップして、チラシを置き始めて数日後、いつも残業でお疲れで、お店の前を通るお客様が来店され、おっしゃってました。
ライトアップされた看板が気になって、しょうがなかったと・・・ 

そうなんです。 サロンの集客は、自分の都合で行ってはとてももったいないことが多いのです。 お客様の中には、シフト勤務で夜10時ぐらいまで働いてらっしゃる方、夜勤明けでいらっしゃる方など様々です。 

いつどんな時にでも、お店の存在を知ってもらうよう、お店の前の看板やチラシはとてもお店の存在を知ってもらうには有効です。 

マンションの一室で開業されている方で看板が出せない方も、通りから見える窓やベランダなどに、イルミネーションなどをして綺麗に飾ると関心を持ってくださるお客様がいらっしゃると思います。

空気が澄んだ冬は、ライトアップに最適な時期です。 みなさんお店の前を綺麗に飾れるといいですね



第2章 営業方法について
2-9.出張について 

Q.資金の関係で、今は店舗を持って開業とはなかなかいかないので、出張という形での開業を考えていますが、いかがでしょうか? 何か注意しなくてはならない点などありましたら、教えてください。

A. 出張で施術をする場合の進め方や注意すべき点ですが、特にサロンでのサービスと変わりはないと思います。私も客として出張のアロマやリ フレ、他の指圧マッサージのサービスなどを何度も利用していますが、みなさんとても手際よく準備、施術、後片付けをして帰っていかれます。

サロンでのサービス、出張でのサービスの違いを1枚の紙に書いて、5W1Hを当てはめて、それぞれ比較して、長所・短所など思いつくまま書いて比較検討して見るのも良いと思います。 

需要はありますが、癒し系やエステ系で行っていく場合は、女性のお客様の場合、その目的の本質は”気分転換”である場合が多いので、出張サービスは苦戦するケースが最 初は多いかとは思いますが、コツコツとやって行けばきっと浸透して行くと思います。

よく、出張の場合は、店舗がいらないから経費がかからないと思っている人が多いですが、移動に費やす時間を金銭に換算したり、施術の方法の問題、特に他人 に家に入って行って行うリスクなどを加味すると決して安くないことが多いようです。また地域、地域によって移動手段、交通事情などが違いますので、このあたりを吟味すべきです。

また無店舗で商品を販売したり、役務の提供(=アロマやリフレなどのサービス)は訪問販売法の規制を受けるので、要注意です。

私がオススメするのは、店舗を持ちながら、その補完的なサービスとして行うことです。様々な考え方があるので、一概にこれとは言えませんが、やってみる価値は ありそうですね。最近はネットなどで拝見するに結構多くの方が出張で頑張っていらっしゃるようです、実際にそんな方のサービスを利用して、実態をみてみるのが手っ取り早いかもしれないですね。

私が個人的に出張を利用したいと思うのは、雨の日、寒い日、夜寝る直前でしょうか。



第2章 営業方法について
2-10.定休日について

Q.既に開業されている先輩にアドバイスを聞きに行き、私は定休日を「不定休」にしようと思ってると告げた所「自分本位の休み方でお客様に失礼だし信用を失う」と言われました。 確かにそうだなぁとは思いましたが、定休日を設定してしまうと定休日以外に休まざる得ない時とかはどうしてるのか?と聞いた所「予約がいっぱいです。と言ってしまえばいいのよ」と言われました。
嘘も方便なのかも知れませんが私は納得出来ない気持ちでした。それこそばれたら信用を失うだろうに・・・ 皆さんはどのように定休日を決められているのでしょうか?

A. 私のお店は、今年中無休で、お正月のみ2日間お休みというスタイルで初め、お客さまのご利用が少ない曜日をお休みにしようと始めましたが、 未だに曜日によるお客さまのご利用のパターンが見られず、年中無休のままです。 

個人でサロンを切り盛りする方であれば、決まった曜日に全休の日を 設けて休息するのも大切かとは思いますが、何人かでシフトでお店を運営できるようであれば、場所によっては営業していた方が良いかも知れないと思います。 

特に開業したばかりはお店の存在を知ってもらうことがとても大事なので、お休みの日を不定休にするのも悪くはないかとは思いますが、その場合は前もってお客 様にそれを知らせるべきです。 ただ今日の明日にお店を突然お休みにするなんてことは避けたほうが無難だと思います。
 
せっかく今日、お店に行こうとしていたのに、いってみたら臨時休業だったり、電話をしたら留守番電話のアナウンスもなく休業なんてことは無い様にするべきです。

商売に限らず、人と人のつながりの基本は、日ごろの約束事を守ってきて培われるお互いの信頼、信用です。
自分のエゴでお仕事をされている施術者を多く見かけます。お客様は100人いれば100人の価値観があります。 その全てにあわせる必要は無いとは思いますが、ビジネスである以上、自らが始めにその関係作りを壊すのは”もったいない”と思います。



第2章 営業方法について
2-11.留守番電話について

Q.一人でサロンをやっていますので、施術中は留守番電話にしていますが、よくないことなのでしょうか? 実際には、殆ど留守電録音はされていませんし、お客様が電話を切ってしまっていることが多くあります。

A. ポスターを見、チラシを取ってご来店しようとしたり、HPを見て来店したいというお客様は、一般的には興味度合いが元々高く、 とても勇気のある、良いお客様です。

 消費者100名を好奇心の度合い、積極性の度合いで割合をつけるとすると一般的には15〜30%ほどの方 は、好奇心が旺盛で、新しいものに飛びつく方々といわれています。そういったお客様が電話をしてくださっているんです。 

一人のお客様は”無限の可 能性を秘めたダイヤモンド”です。 ご来店くださったお客様が、満足されると、そのお客様から次の40〜60%ほどのご家族、お知り合い、お友達、会社 の同僚などなどへ広がっていくのです。 そこからまた同じように、広がっていくのです。 これこそまさに口コミです。

残りの15〜30%ほどのお客様はまるっ きり無関心な方か、誰かに背中を押されないと行動に移らないお客様方です。 個人サロンの集客はまさにこの15〜30%の最初に来店されるお客様から始まるといっても過言ではありません。

ですので、この最上級のお客様の問い合わせ・ご予約は”絶対に取り逃してはならない!!”(取りのがすという表現はお客様に失礼ですが) のです。世の中に数多くのお店、会社、施設、団体がありますが、営業時間中に自らが告知した電話番号にかかってきた電話を留守番電話で対応しているお店は、 アロマやリフレの個人サロンだけです。

勇気をもって電話機のダイアルを回したお客様の気持ちを逆なでするまさに自滅行為です。(きつすぎる表現かもしれませんが) お客様にとって大変失礼なものです。 どんなことがあっても、親・兄弟・友達・親戚・ご近所さん、秘書サービスなどを片っ端からあたってでも電話を転送にして 、予約状況を伝えて電話の対応をすべきです。

せっかく電話をかけたのに、電話に出ない・・・お客様の落胆度合いはさぞかし・・

一本の電話から始まる、末永いお付き合い VS 一本の電話は終わるお店の信用の失落・・

みなさんはどう思いますか? みなさんが、お客様だったらどうしますか?

電話はまさに現代社会のライフラインです。個人のサロンにとっては、ライフラインを支えるまさに地球の核くらいに重要です。工夫しましょう!



<2-6.ポスターの作成のポイントについて に戻る
>3-1. クレームについて へ進む


Copyright (C) 2017 Lavender Hill Japan - Produced by T.M. Creation Co.,Ltd. All rights reserved
本サイトの文章、画像などを許可なく複製・使用することは禁止します。
Copyright (C) 2002-2017 潟eィー・エム・クリエイション