ラベンダーヒル セラピスト向けカウンセリング、サロン開業・経営コンサルティング ラベンダーヒル ご注文・お問い合わせ

トップページへ


スクール・セミナー


求人情報


サロン開業サービス


ラベンダーヒルリンク集


マッサージベッドセール中

東京のラベンダーヒルまでのアクセス
東京のラベンダーヒルまでのアクセス

ラベンダーヒル サロン開業・経営コンサルティング&
セラピスト向けカウンセリング


アロマ・リフレ・エステなどのサロン開業に関するよくある質問と私の回答です

2010.3.19 更新

回答者: サイト管理人、サロン開業・経営コンサルタント 増子稔 電話 090-3693-8628 / 03-3810-7050 
ご連絡はお電話もしくはメールでお気軽にどうぞ!

第1章 開業について

1-1.サロン開業のポイントについて | 1-2.開業の形態について | 1-3.サロンの店舗の探し方 | 1-4.アロマサロンの開業について | 1-5.フェイシャルのみの開店は可能か | 1-6. サロンの経営形態について | 1-7. 開業の税務処理について | 1-8.開業前のHP作成時の注意点について | 1-9. 開業キャンペーンについて| 1-10.セキュリティ対策について | 1-11.店舗を借りる際に気になる競合店の存在について | 1-12. ロイヤリティについて

 
第2章 営業方法について

2-1.集客についての数の論理 | 2-2.商圏について | 2-3.集客・営業活動の実例について | 2-4.インターネットを利用した集客について | 2-5.チラシについて | 2-6. ポスターの作成のポイントについて | 2-7. ポスティングについて | 2-8. ライトアップについて| 2-9. 出張について | 2-10. 定休日について | 2-11. 留守番電話について

第3章 サロンの運営について

3-1. クレームについて | 3-2. 困った男性客の対応法について | 3-3.体験教室について | 3-4. レンタルルーム・レンタルサロンの活用について | 3-5. サロンの個人事業者向けの営業支援システム | 3-6. コンサルティングの進め方・準備について





※お断り: このサイトの記載内容は平成16年6月時点での社会状況に基づいております。 このQ&A内容のご利用により直接的・間接的に発生した得失等について、 サイトの管理人は一切の責任は負いません。全てご利用になる方の自己責任でご判断・行動下さいますようお願い申し上げます。

 

第1章 開業について
1-1.サロン開業のポイントについて

Q.サロンを開業したいと思っていますが、どのような点に気をつけて準備して行ったらよいでしょうか?

A.私が思う、サロンの開業についてのポイントを述べさせていただきます。是非、ご参考になさって下さい。

1.サロンの開業は、とても簡単に出来ます。店舗・サロンとなる不動産を購入したり、賃貸で借りることをしない場合、最小限、ベッド、ワゴン、音楽設備、観葉植物などちょっとし た飾りものがあれば、誰にでもスタートできます。

ベッドなどもアメリカなどから個人輸入したりすれば、5万円もしないでしょう。 特別必要な機器類を用意する必要がなければ、自宅の一 室利用で20万円もあれば開業は可能です。

現実に私が一番最初に始めた”サロン”は賃貸マンションの一室。知り合いのマンションのオーナーの好意で礼金・敷金・仲介手数料なしで借りて 、最初に投下した資金は、ベッドとリフレ用のチェアが大物でそれ以外は家にあったもの、書類は全てワープロでの作成で済ませ、30万円以上は支出していません。

2. 誰でも簡単に、小資本で開業できるがゆえに、簡単に”儲ける”ことはできないと思います。前にも述べましたが、入試があるわけでもない、誰しもが受講できる民間のスクールにい って、ほとんどの学校が最終試験を課すわけでもなく、そこを“出て”お店を準備して、チラシを作ってさあ〜開業だとしても簡単にに集客はできないと思います。

簡単に 始められて、簡単に儲かれば、誰だってやります。こんな美味しい商売があったら、資金力にものを言わせて大手の企業が、簡単に参入してきます。また、たまたま立地が良くて、簡単に儲かったにしても、それが驕りとなり、その後の様子は目に見えています。

なぜ、大手の大資本をもった企業が参入しないかご存知ですか?それはとても高いリスクがサロンのビジネスには存在しているからです。

サロンは、来店されるお客様に”夢”を売る商売かもしれません。でも、サロンを始めるといやおうなしに、現実に面と向かいます。

私のサロンビジネスの基礎、応用のクラスでも行っていますが、SWOTアナリシスを、今のみなさんのそれぞれの状況、お考えに合わせて自己分析してみてはいかがでしょうか?

S (Strength)自分の強み、長所はなにか? 現状を維持し、それをもっと発展させる。
W (Weakness) 自分の弱み、短所はなにか? それを認識し、勉強し、克服する。
O (Opportunity) 機会、チャンス 今はその機会があるか? チャンスはあるか?
T (Threat) 脅威、きれいなバラにはトゲがある、隠れた危険は潜んでいないか?


一枚の紙に、真ん中に自分のおかれた状況を書いて、その周りに、これら4つに分けられる、自分の身の回り、自分自身こと、周りの見方など、思いつくことを箇条書きに書き出して、 分析してみるとよ〜く分かると思います。

その結果に、経営の三大要素である、 ”ヒト、モノ、カネ” それに最近4要素目といわれている ”情報”を当てはめて見ると意外に明確に自分が何をすべ きか?が分かってくると思います。是非、お試し下さい。

この手法は、開業に限らず、集客の悩みやそれ以外にも、みなさんご自身の方向性などを決める際にも役に立つ手法です。




第1章 開業について
1-2.開業の形態について

Q.自宅で開業するか、店舗を借りて開業するか迷っています。それぞれ一長一短があるかと思いますが、どのような点をポイントとして考えて行ったらよいでしょうか?

A.ご質問の開業の形態についてですが、様々な形態があります。一般的には以下の4つに集約されると思います。 またそれらの組み合わせになります。

それぞれ主なメリット(+)・デメリット(-)を述べさせていただきますので、ご参考になさって下さい。

1.自宅開業: 自宅の一室を利用しての開業。

(+)家賃負担がない、家に居ながらにして仕事できるため時間の調整がしやすい、子供がいても出来る。電話、ファックス、PCなどの機器などを新たに購入したり、 店舗の賃貸借契約をする必要がないので資金が少なくて済む。
税務上はサロン使用面積、事業使用分は必要経費に参入できる。 初期投資が一番少なく済む。

(−)店舗としての店構え持てないため、お客様の集客に苦労するケースが多い。特に看板の出せないマンション。 仕事と生活の区別があいまいになり、人によっては集中力が散漫になりがち。

2.店舗開店: ショッピングセンターや地下街などのテナントとして入居、又は店舗を借りるか取得して開業。

(+)最初から集客力がある場所である場合、店舗の広告宣伝費の支出が少なく済む。他店との相乗効果による集客アップなどが見込めるケースもある。

(−)家賃、保証金などの支出が多額なケースが多い。テナントとして入る建物、地域そのものに集客力がなければ、投資効果が見込めないケースも多々ある。営業時間の制限や、 管理規約などに制約を受けるケースがある。

3.出張サービス: 顧客の自宅を訪問したり、ホテル、旅館、健康ランドが設置したスペースでの開業やお祭りやイベントの会場での単発的な開業。

(+)家賃を負担しないで済むケースもあり、穴場的な場所を確保できるケースもある。2.の場合と同じで出張する場所に集客力があれば、広告費の支出が少なく済む。

(-)自宅へ出張の場合、日本の場合、特に大都市圏の一般家庭にはサービスを提供する場所が確保できないケースが多い。 商圏の設定があいまいになりがちで、移動時間、交通費などを 加味すると採算が合わないケースも多い。
自宅の場合には、女性のお客様がサロンに来る動機のひとつに、”気分転換”という場合が多く、その要求を満足させることが 出来なくなる可能性が高い。サービス、お店の存在を認知させるための労力、費用が意外とかかるケースが多い。

4.店舗委託開業: 店舗や各種スペースの所有者から委託を受け営業し、業績に応じての歩合(=場所代)を払う

(+)固定費としての家賃支出がなく、自宅開業の発展系といえる。他店舗との相乗効果が期待できるケースもある。

(-)オーナーサイドの意向に左右されやすく、急な業態変更や閉鎖も有り得る。

と様々です。また上記1〜4の組み合わせで開業しているケースも多く見受けられます。

しかしながら皆さんが、きちんと認識しなくてはならないことは、商売の基本はローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンです。

ローリスク・ハイリターンは有り得ません。最初はたまたまそうであっても時間の経過とともに、リスクとリターンの均衡が取れていくのが道理です。サロンを始められて最初は、お客様を待っていても、何もしなければお客様の来店はないので、自らが行動を起こして、お蕎麦屋さんの出前的にサービスを行うことも勉強になったりするケースも多 いと思います。全国展開しているサロンの中にも、最初の店舗は、ファッションビルのエスカレーターの前、倉庫でなどとは良く聞く話です。 

自分の行動範囲のSCやファッション ビルに無駄だな〜と見受けられるスペースがあるようでしたら、思いきって、所有者や管理者にアプローチしてみることも良いです。その際に相手のメリットを上手に強調して、話 を持っていくのがコツです。 商売の基本はギブアンドテイク、双方が何かしらを得ることが出来る”Win-Win”のケースを導くことです。

最近良く見受けられるデパート内でのサロ ンの存在などは、安売り店に顧客を取られた百貨店と出店場所を探しているサロン経営者などの思惑が一致ケースであるといえます。 

ホテルなども同じです。ここ10年ほど、 ケーキ食べ放題のレディースプランに始まって最近はエステ、リラクゼーション、ビューティー系のレディースプランがかなり、ホテルの稼働率、集客力に貢献しているケースもあります。

営業努力は何をするにも必要です。

その際の基本も、チラシの作成のコツと同じで、いかにあなたを、相手に信用してもらうか、安心してもらうか、おもろい人だなと思ってもらうかです。人間的魅力がものをいうケースですね。


第1章 開業について
1-3.サロンの店舗の探し方

Q.今年の夏前に店舗を借りてリラクゼーションサロンを開業したいと考えています。

開業する場所は住まいがある地元を考えてます。あまり自宅と離れた所での開業は難しいです。探す上で気をつけなければいけないことをご教授ください

A. 店舗を探す上で気をつけなければならない点ですが、(1)物件についての確認事項(2)立地についての確認事項があると思います。それぞれ簡単にですが下に箇条書きにまとめてみます。

(1)物件についての確認事項

・店舗は一般的には1階の路面店舗に限ります。

ビルの上階と路面店舗では雲泥の差があります。施術オンリーで考えるのなら、1階でなくともそれほど集客には影響がないと思えますが、物販を行うのであれば、 1階の路面店舗がやはり効率が良いと思います。

施術の商売は、施術者が施術で使用する体に怪我をしたら商売になりません。物販で家賃負担を稼ぎ出すとか、自分が万が一に怪我をしても施術が出来なくなった場合を想定し、他の商売に衣替えできるようにしておくのも大切かと思います。

・賃貸借契約の内容をよく吟味・確認します。

店舗で事業用として借りる場合、一般住宅と違い様々な特約などの条件が契約に付されることがあります。
資金の投下に見合う収益にが得られるかなど色んな視点で 契約内容を吟味すべきです。 

よくスケルトンで借りて退去時にはスケルトンで明け渡しという条件が多いので、内装工事などをする場合、取り壊しのことも考えて行うべきです。

・公道から下がった位置に店舗があるかを確認します。
看板は店舗の場合、必須になると思います。 看板を置ける場所が、私有地内にあるかどうか確認すべきです。 公道に看板を出しているお店が多々ありますが、消費者は著しくそのお店の経営者の品位を疑います。

・他のテナントや近隣の影響を考慮します。

食べ物屋さんが近くにあったり、食品関係のお店が近くにあるところはサロンには向かないといえます。お客様に働きかけるものは五感(見る・聞く・嗅ぐ・触る・温度を感じる) と第六感である場所がかもし出す雰囲気などです。これら全てで問題がないか一つ一つ確認すべきです。

具体的には、変なものが目に付かないか、音はうるさくないか? 上音や周りの騒音、周りの匂いが影響しないか?、風通しは良いか? 湿気はないか? 断熱性はあるかなど、基本的には住まい探しと一緒ですね。

・店舗は間口の広いところが狭いところよりは断然有利です。お客様が入りやすいお店は皆間口は広くなっています。

・電気、ガス、水道、通信関係の配管、トイレや洗面所などの設備の有無なども必須の確認事項です。

よく、商業施設のテナントとしてサロンとして店舗を借りる場合、トイレが共有のものになってしまっていて、お客様にもお店の人にも不便なことなどがあります ので要チェックです。 

また物件の図面を見たり、現地を見るときには必ず、お客様が入られて、着替えされ、施術を受け、お茶を飲みまた、その準備、後片付けなど の動きを想定した動線のチェックも必要です。お客様の体の大きさも様々ですし、よく検討されることです。 

不動産の確認の仕方は、朝見て、夜見て、日中に見て、晴天の日に見て、雨の日に見て、雪の日に見て、夏に見て、冬に見てと同じ場所に何度も、周りの 環境が違ったりした中での確認が必要です。こういった手間を惜しまないことです。
また隣近所の方々がどんな人たちなのかも要チェックです。

(2)立地
立地については、そのお店がどれだけ多くの方の目に付くところにあるかにつきます。

駅からの距離は第一でないにしても、商圏に十分な顧客層の人々が住んでいるか、そこで学んだり、働いたりしているかが重要です。 

都内であれば、お店の周り1km圏にターゲットとする人口が1万人ほどいれば、控えめな割合で1%の100名の方が最初にお店に来店されるとして、まずまずのスタートが切れると思います。

場所はとにかく人通りの多い場所なのか、環境を優先とした場所なのかは出店者の好みでよいと思います。 サロンの商売は技術なくして出来ませんし、また場所がなくしても出来ません。よく吟味すべきです。


第1章 開業について
1-4.アロマサロンの開業について

Q.私は将来アロマサロンを開業したいと思っているのですが、まだスクールにも通っていないし、経営もまったくわからず本当に白紙の状態です。
スクールは家から2時間ほどの都会にある評判の良いところに通おうと思っているのですが、お店は今住んでいる地元に出したいと思っています。 

まずは技術からとは思っているのですが、修了してからの方向性がよくわかりません。
もしかしたらスクールの直営のサロンで経験を積めるかもしれないのですが、絶対ではありません。
今後独立開業に向けてどのように進めていけばよいでしょうか?

A. さて、これから家を離れ、別の街のスクールで技術を勉強し、その先には、地元での独立の目標の為にどうしたら、という件ですが。

私のところには個人的な事情・地域の差こそあれ、同じようなご相談をいただくことが多いです。その時私がいつも回答の際に述べさせていただく時の例えが、自動車の運転の例です。

(1)サロンやお店の独立は、自動車の免許を取るときと同じという事です。大多数の方は、自動車教習所に入学し、適性検査を受け、学科と実技(運転)を並行して勉強されています。 セラピストやエステティシャンの独立・開業もまったく同じです。 

自動車という便利でもあり、またその一方で走る凶器にもなりうる物を操るには、単に運転技術だけでは不十分なのです。 社会のルール、運転者の倫理観、 運転技術等の全てが備わって初めて、公道で車を運転できるのです。

残念ながら現状の実態として、今のほとんどの民間スクールが、実技(運転技術)中心になっていて、社会のルール、倫理観の教育が、あまりされていないのではと危惧しています。

(2)サロンの経営と技術は、”魚と水”、”車の両輪”にも例えられます。技術のみ、経営力のみではサロンの運営はうまく機能しません。

(3)くどいようですが、武道などの言葉に”心・技・体”が必要といわれているように、サロン経営も”心・技・体”が必要と言えます。

独立して自営業者として一本立ちして行く為には、技術の勉強と並行して、経営の勉強をしなくてはなりません。 スクールの直営サロンで働いても、体で技術を実体験できるという優れたメリットはありますが、経営の全てを勉強することはできません。

先の免許の話に例えると、自動車ではあまり聞きませんが、オートバイ(自動2輪)の免許を試験場で一発で合格する人がいるように、自分で練習し、すぐ開業されて成功される方も いらっしゃいますが、これはごく少数のようです。

(4)それともう一つ、私がサロンで働いていらして開業を目的としている方に、いつも同じ事を言っていますが、昨日まで労働者だった人が、明日から経営をや ろうとしてもすぐには経営者にはなれません。経営者としての経験がないからです。

技術者として働くということとお店を管理するということは別物だからです。 労働者として働いているときに、常に自分が経営者だったら、 お客様だったらとシミュレーションしながら仕事する”クセ”をつけることです。

そうすれば、実際に経営を任されていなくても経営者の感覚でものを見る経験を積むことが出来ます。 しかし、それでも実際に自分のお金を使っている訳ではありませんので、本当の経営とは別物のあくまでも空想上のこととなります。

それですべてではありません。 従って、安易にすべて判ったと思って、私だったら簡単に経営できると過信することは禁物です。 畳の上の水練ということも充分頭の片隅に入れて慎重に対処したいものです。


第1章 開業について
1-5.フェイシャルのみの開店は可能か

Q.まずはフェイシャルエステのサロンとしてオープンし、情報収集しながらボディの技術を習得していこうかと考えました。

幸い、フェイシャルの商材として、自分で試して納得できた化粧品と出会えたので、今のところそれを使用し販売していこうかと思っています。
理想としては、住居兼サロンの賃貸マンションにて隠れ家サロンとしてお客様一人ひとりと向き合って看板を出さずにやっていきたいです。
無謀ですが、チラシや雑誌広告等も出したくないのですが。。。まずは100名ほどいる知り合いへの告知から始めたいと思っています。

しかし、フェイシャルのみのサロンは個人ではあまりないですし、難しいでしょうか。 やり方次第でしょうか。 かなり石橋を叩いて る感じですが、叩き方の具合も分からなくなってしまいました。
もしフェイシャルサロンで成功している例などあればアドバイスも含めて教えていただけると幸いです。
長くなってしまいましたがよろしくお願いいたします。

A. フェイシャルのみのサロンについてのご質問ですが、あなたのやり方、技術力、接客力次第では開業し、経営を継続していくのも不可能ではないと思います。

あなたの目標とする利益の額、営業時間、日数などのお考えの具体的なことが分かりませんため、その成功の尺度が分かりませんが、 仮に月に25日営業し、1日あたりの利益額を1万円ほどで、フェイシャルの施術の利益が5,000円、ご自身が納得できるとおっしゃっている化粧品の粗利が 5,000円とすれば、月に25万ほどの収入を得ることは難しくないのでは思います。 

私のお客様の中でもフェイシャル中心でサロンの経営をしている方もおりますし、 アロマのサロンの中でもフェイシャルが多く出ているサロンもあるほどです。

収支計算をされるキーポイントは

1.来客されるお客様数
2.お客様お一人あたりの売上げとその経費・原価
3.お客様の再来店頻度
4.固定費・変動費

が主なものですが、あなたのお考えをこれらの値にいれて試算してみましたか?

私が、とても素晴らしいと感じているのは、”お客様一人ひとりと向き合い満足していただく”というあなたのお考えです。この気持ちはお客様も分かってくださると思います。

ただし、最初は100人の知り合いへの告知とありますが、ちょっと少ないのではと思います。机上の計算では案内を出した100人の知人のうち3/4の 75名が1日に3名づつ月に30日わたって来てもらえれば、お客様一人当たりの利益が平均5,000円として、1日15,000円、営業日数を月に30日として一月45万円の利益になります。 それでかつその全員が月に一回は来店下さるということであれば、経営は成り立ちます。

しかし、お客様がサロンに来店したい日時はだぶるし、月に1回定期的に通う人が100%というのは現実的には難しいと思います。 美顔専用で開業し、後にボディなどメニューにとおっしゃっていますが、その勉強時間、生活費の捻出などを時系列を追って考えないと後で、どっちつかずということも無きにしもあらずかもしれません。 

石橋を叩くということは、いろいろなケースを想定して、サロンの運営・経営のシナリオを描き、それに基づいてご自身の行動計画を立て、実行することです。 最初から大きなリスクをとらないでサロンの開業もできると思います。

>1-6.サロンの経営形態について へ進む


Copyright (C) 2017 Lavender Hill Japan - Produced by T.M. Creation Co.,Ltd. All rights reserved
本サイトの文章、画像などを許可なく複製・使用することは禁止します。
Copyright (C) 2002-2017 潟eィー・エム・クリエイション