ラベンダーヒル セラピスト向けカウンセリング、サロン開業・経営コンサルティング ラベンダーヒル ご注文・お問い合わせ

トップページへ


スクール・セミナー


求人情報


サロン開業サービス


ラベンダーヒルリンク集


マッサージベッドセール中

東京のラベンダーヒルまでのアクセス
東京のラベンダーヒルまでのアクセス

ラベンダーヒル サロン開業・経営コンサルティング&
セラピスト向けカウンセリング


アロマ・リフレ・エステなどのサロン開業に関するよくある質問と私の回答です

2010.3.19 更新

回答者: サイト管理人、サロン開業・経営コンサルタント 増子稔 電話 090-3693-8628 / 03-3810-7050 
ご連絡はお電話もしくはメールでお気軽にどうぞ!

第1章 開業について

1-1.サロン開業のポイントについて | 1-2.開業の形態について | 1-3.サロンの店舗の探し方 | 1-4.アロマサロンの開業について | 1-5.フェイシャルのみの開店は可能か | 1-6. サロンの経営形態について | 1-7. 開業の税務処理について | 1-8.開業前のHP作成時の注意点について | 1-9. 開業キャンペーンについて| 1-10.セキュリティ対策について | 1-11.店舗を借りる際に気になる競合店の存在について | 1-12. ロイヤリティについて

 
第2章 営業方法について

2-1.集客についての数の論理 | 2-2.商圏について | 2-3.集客・営業活動の実例について | 2-4.インターネットを利用した集客について | 2-5.チラシについて | 2-6. ポスターの作成のポイントについて | 2-7. ポスティングについて | 2-8. ライトアップについて| 2-9. 出張について | 2-10. 定休日について | 2-11. 留守番電話について

第3章 サロンの運営について

3-1. クレームについて | 3-2. 困った男性客の対応法について | 3-3.体験教室について | 3-4. レンタルルーム・レンタルサロンの活用について | 3-5. サロンの個人事業者向けの営業支援システム | 3-6. コンサルティングの進め方・準備について





※お断り: このサイトの記載内容は平成16年6月時点での社会状況に基づいております。 このQ&A内容のご利用により直接的・間接的に発生した得失等について、 サイトの管理人は一切の責任は負いません。全てご利用になる方の自己責任でご判断・行動下さいますようお願い申し上げます。

 

第1章 開業について
1-6.サロンの経営形態について

Q.アロマサロンを開業したいと思いますが、セラピストを雇って施術の方は全部任せ、自分はサロンの経営に専念した方がよいか、自分自身が技術を習得してセラピスト兼経営者と してやって行った方がよいか迷っています。それぞれ、どんなことに注意したらよいでしょうか?

A. サロン経営=セラピストを雇い入れ営業するケース、オーナーセラピスト=ご自身が技術を取得され営業するケースとします。わかりやすくそれぞれの違いを以下の各項目に分けてご 説明したいと思います。サロンの経営者の方も10人10色ですので私の説明が必ずしもたった一つの答ではないと思いますが、一般的なものであるとお考え下さい。

前提となる経営条件は、お客様一人当たりの客単価を10分1000円とし平均1時間6000円、1日の営業時間を10時間とし年中無休、家賃、光熱費・通信費などの固定費を月15万円、ス タッフは1名で時給制で時間あたり1000円としたケースでの収益性の面での比較(細かい費用は仮に無視します。)

** 損益分岐点について **

A.サロン経営: 損益分岐点の月の売上げは45万円になり、一月の来客数は45万円÷6000円で75人様(1日の来客数は月30日とし2.5名)45万円の内訳は人件費30万円、家賃など固定費15万円です)

B.オーナーセラピスト: 損益分岐点は15万円になり、一月の来客数は15万円÷6000円で25人(1日あたり0.8名) 

このケースはサロン経営、オーナーセラピストとも経費の回収のみで利益はそれぞれ損益分岐点を越えないと発生しません。このケースで経営者およびオーナーセラピストの月収を20万円(客単価6000円で33.3名分)とした場合はサロン経営では月合計で108名程、オーセラピストで58名程になります。そ れぞれ1日あたり3〜4名、2名の来客がないと赤字です。

上記でお分かりの様に、スタッフを1名その条件を時給1000円で雇い入れた場合はサロン開業後すぐに月に100名を超える集客をしないと月に20万円の利益は出 ません、ご自身がセラピストとして営業した場合でも月に58名も集客をしなければ20万円のお給料は出ません。 実際には集客はご自身で体を動かして行うか、広告媒体にお金を払わないことには出来ませんので実際はもっと厳しい状況です。

ここで広告費についてお答えしますと1例として新聞の折り込みチラシの都内での反応率は1%もないと言われていますが、仮に0.8%として108名の集客を可能にするには13500部を撒 くことになり、その費用は1枚のチラシの印刷代が5円、折込代が3円として108,000円になります。 13500世帯にチラシを撒いても一月で108名の集客は不可能ですので実際は・・・ですね。

もうお分かりだと思います。スタッフを雇い入れてのサロン経営は基本的に経営者の給料までを出すことは最初からは不可能です。 スタッフを雇い入れなくご自身がセラピストとして仕事をしても最初から黒字化は行動力がなければ難しいのが現状です。

サロンのお仕事は典型的な、労働集約型の職種で、大手のエステサロンでは物販比率が約7割(施術は付加価値的サービス)、リフレやアロマのサロンなどで店舗が多くあるところ もありますが、よほどの好立地の場所、開店後、月日が経過し顧客が固定し安定している店舗を除き、基本的には同じ会社が運営しているスクールの広告的役割もしくは物販がメインになっているようです。

結論を急ぐのは嫌ではありますが、サロン経営はサロンの商売が好きで、ボランティアの精神があり、資金の、また時間の経過を待てる余裕のある方でないと不向きだといえます。

個人サロンで自営(英語ではSelf-employmentといいますが、まさに自分で自分を雇うことですね)する場合でも普通の行動力の方(仮に1日に集中して8時間のお仕事をする方として) でも頑張っても最初の半年〜1年はなんとか収支トントンが保守的に見た場合は言えるのではと考えています。

ご自身がセラピストとして向いているかどうかも一つのポイントであると思います。 

施術で利益を出すには、単価を上げる、来客数を増やす、人件費、固定費を中心として経費支出を下げること以外にありませんので、それに見合った技術レベル、立地条件、店舗条件、営業時間で営業する必要があります。

スタッフを雇い入れた場合、スタッフの怪我、病気、突発的な事故などのやむを得ないことのほかに、当人の事情で辞めることも考えられますの で、仮にスタッフを雇い入れたにしても、万が一の時にご自身がそのカバーに入れるオーナーセラピスト型を私はお奨めいたします。




第1章 開業について
1-7.開業の税務処理について

Q.ひとつ質問なのですが、スクール代やその他もろもろの開業を前提にかかったお金は、開業届けを出していた場合には、サロンが軌道に乗って確定申告をした際に、生きてくると聞 いたことがありますが、何年くらいさかのぼって適用されるのでしょうか?また、開業届けはいつ出したらよいのでしょうか?

A.ご質問の件ですが、所得税法上の開業に関する届出義務は、”開業の着手”をして1ヶ月以内です。

また損失の繰越控除が出来るのは青色申告の届出を出した個人事業主が得られるもので、 白色申告の事業主には与えられない優遇措置です。青色個人事業者の場合の損失繰越が認められる期間は3年間です。

従って、ご質問のケースは、開業届けと同時に青色申告の届出を出した場合のみ該当します。その際には、キチンと毎年確定申告をして行かねばなりません。

考え方としては、さかのぼって適用されるのではなく、赤字を毎年繰り越していくということになります。 確定申告で、過去の繰越損と当期の利益とを相殺して行く訳です。所得税は、相殺した結果の金額に対して課税されますから、白色申告の場合の1年の金額のみに課税された場合よりも有利となります。

お店を開業すると決め、そのための行動を開始した時が「事業の着手」と言えると思います。 開業するために要した費用、売上げを上げるために費やした費用は、開業費や必要経費とみな されますので、スクールに払った費用も含まれます。

私は決して脱税の指南をしているわけではありませんが、アロマのスクールでアロマなどの勉強をし、HPを立ち上げ、情報発信し、そこからなんらかの収入を得ている場合などは問題な いはずです。ご心配な場合は、所轄の税務署もしくは、国税庁の電話相談などを利用されるようすると良いと思います。

個人事業として一人で営業しているうちは、それほどの手間ではありませんが、人を雇い入れたり、会社組織にしたりすると何かと役所との手続きが出てきます。最近は行政側のサー ビス力も上がってきておりますので、いつでも遠慮なく問合せ、確認などをしておいたほうが良いと思います。

余談ですが、私など、自分のお店の商圏を調べに地元の役所の統計室に行ったときに、資料探しの問合せに対応してくださった女性の職員の方々とお店のお話をして、 その日の夕方に、お店の予約をいただたこともあります。 


第1章 開業について
1-8.開業前のHP作成時の注意点について

Q.開業前にホームページにて告知をすることも有効とお聞きしましたが、作成するときにどんなことに注意し、開業のどれくらい前からのアップが望ましいのでしょうか?

A. お店を開業する場合はHPは作っておいた方が明らかにベターです。サロンを経営なさる方の集客のお考えにもよりますが、 紙媒体、インターネットを含めた電子媒体をバランスよく、また相互に関連付けて利用することによって集客は上手にいけると思います。

 紙媒体に含められるお店やサービスの内容には限りがありますし、エリアの限定がされるという欠陥があり、インターネット(携帯のネットも含めて)はその情報の補 完として、時間・エリアの制限がないのがとても魅力だと思います。

 開店時のお店の集客の基本は、開店前にいかにお店の存在をアピールするかによります。店舗を用意して開業する方であれば、店舗の工事中に”近日中、○○サロンオ ープン!”として宣伝するのは常識です。

同じように、お店を開業するのが決まっている場合、その段階で作成するのがよろしいかと思います。インターネットを使用するお客様は通常 ”ネイルどこどこ”とかと検索にか けるケースが多いのでそんなときに検索対象として表示されれば、見た方はそのお店の開業計画について知ることができます。

HPにちょっと興味を持てるような内容を入れておけ ば、開業前にサイトのリピーターの方なども増え、アクセスアップに一役買ってくださったりと、効果もあります。

また紙媒体で告知・広告する際も、ホームページの存在を載せておくと興味を持ったお客様が見てくださり、そのお客様の脳裏にお店の存在が焼きつけることができます。

よく、お店を開業して、ホームページの開設は後回しというケースがありますが、現状ですと、ホームページ作成後1月〜数ヶ月は作られたサイトが表(検索エンジンの場合) に表れるまでに時間がかかるので、目安としては開業予定日の2ヶ月前ほどが良いのではないでしょうか? 

遅くとも開業日にはお店の名前を大手検索エンジンで検索 して出てくるようにしておきたいものです。




第1章 開業について
1-9.開業キャンペーンについて

Q.この度アロマ・サロンを郊外の住宅街で開業することになりました。集客の為のキャンペーンとして@期間限定でキャンペーン価格 で施術する。A同じくキャンペーンという事で、期間限定の無料施術をする。という案が出ています。
その反対意見として@キャンペーン価格にすると 一度安くなったものに、次から金額を上げてのリピートは難しいのでは?A無料施術は、ただより高い物はない・・・という言葉通り、怪しいと思 われるのでは? (キャッチエステルームや、化粧品セールスの広告でよく見かけ、そういうケースも多い為)という考えもあり、どちらの意見もお互いにうなずけるという感じです。 どのように考えたらよいでしょうか?

A.キャンペーン(特に開店)についての意見と言うことですが、 私が考えるにはお客様がサービスを利用してみようという動機は一体何かということです。

私が集客についてお話させていただく場合にいつもお話させていただいていることの一つとして、新しいお店に行くにはみなさんそれぞれ”きっかけ”があるというこ とです。

みなさんのお住まいの地元を見渡してください。様々なお店が数多くあるかと思います。例えば20件のお店があったとして、その中のお店全てでみなさんはお買い物をしたことがありまか? ほとんどの方が「近所のお店の全てで買い物をしたことはない」と答えるはずです。

その理由を考えたことはありますか? それは人にとって全てのお店を必要としていないため、理由がなければ特にいく必要がないのです。 あなたの始めようとしている、自宅の一室のサロンは、地域の人にとって、また商圏としてお考えの地域にいる人にとって必要なものなのでしょうか?


考え方のヒントはここにあります。 前にも集客についての確率のお話を説明したことがありますが、商圏にいる人々全てをお客様として獲得することは不可能です。

サロン・お店の経営サイクルをおさらいしたいと思います。

@お店を開く
Aお店に興味を持っていない方に興味を持っていただく
B来店いただく
C満足いただく
D興味を持続しただく
E再来店いただく

あなたのご心配は上のAについてだと思います。お客様の興味がどのようにそそられるかを検討すれば自ずと答えは出ると思います。 ”敵を知り、己を知れば・・・”です。

私自身はキャンペーン肯定派です。ポイントはその運用の仕方ではないでしょうか?

お客様のおこづかいを超えた価格設定で営業していてもお客様はいらっしゃいません。お客様の収入を増やすような工夫をするか? お値段を下げるかしか方法は ないですね。損して得をとるという古典的な経営手法もあります。

最初からある特定の消費者層をターゲットに設定しての営業手法もありますが、時間の経過な どの要素も加味しながら開業・営業計画を練り実行することが大事ですね。


第1章 開業について
1-10.セキュリティ対策について

Q.サロンの中には私一人しかいない状態です。やはり知らない方がお客様で来るとなると、セキュリティの面など、色々不安な面もあります。 商売をやるのに、何を甘い事を思っているのかと自分でも思いますが・・セキュリティ対策など、何か参考になることがあれば、教えて頂きたいと思います。

A.ご質問のサロン経営における、セキュリティ対策ですが私が常日頃考えているのは以下のようになります。ご参考になれば幸いです。

セキュリティ対策のポイントについて

・外から中の様子が見えない自宅サロンでの営業(中が見えてはお客様はゆったり出来ないですが・・)、店舗での営業の両方について言えることですが、ポイントはお客様、 施術者の両方の安全がやはり第一のポイントであると思います。

注意すべき点は、サロンそのもの場所が、万が一に何か起きたときに、周りの人が異変に気づいてくれるか? 施術・接客中の施錠は当たり前の事にしても、不審者などがうろうろしていた場合に、周りが気づいてくれるのか? 地震や火災があった場合にどう対処するのか? お客様が急変した場合(特に男性客の変質者)の対処をどうするのか?という場面をあらかじめ考え、行動指針を立てておくべきだと思います。 

具体的には、
1)サロン開業時に、最寄の交番に、その届出をする。(新しくお店を開店するとお巡りさんが、通常は訪問して下さり、巡回カードの提出を求められます。)

2)サロンやお店の近隣の方々とは必ず顔見知りになっておき、常日頃コミュニケーションを良くしておく。

3)施錠しての施術・接客中に、何か異変があった時の為に、防犯ブザーを用意しておいたり、木刀を用意しておく。(男性客を受け入れているサロンでは、大なり小なり 、残念なことではありますが、色々とあるようです。

私のお店でも、住所の記入を拒否したり、デタラメの住所を書いた方、しつこく電話してきて、特定のセラピストに付きまとった りした方、フットバス中にノーパンだった方、最初は紳士的だったが、何回か通っているうちに、変な要求をしてきた方など・・・) 

男性客に限らず、中には、クレーマー的な行動をするお客さまもいるようです。 こういったことを未然に防ぐためには、来客されるお客様には必ず、個人情報を守秘すると明示した上で、住所、電話番号、生年月日などをご記入いただくのが、万が一 の場合の場合の事態には良いと思います。

4)防犯カメラをつけて置く、電話に録音機能をつけるなども万一には役立つでしょう。

5)施術で万が一ケガをさせた場合等に備えて損害保険はもちろん必須です。

現代社会においては普段の生活、ビジネスのシチュエーションの両方に様々な安全面でのリスクが存在します、未然に防ぐ行為、不審者を寄せ付けない行為、 万が一の場合の毅然とした対応について常日頃から考え・準備・行動しておくことが大切ですね。

女性専用のお店・サロンなどでは、それと世間にあからさまに分からないように、男性に様子を見に来てもらったりとかは必要かと思います。



第1章 開業について
1-11.店舗を借りる際に気になる競合店の存在について

Q.ただ今サロン開業に向けて自宅兼お店を探しています。隣駅の徒歩2分に良い物件がありましたが・・・そちらの1Fはお花屋さん、2Fは中国式整体のお店、 3F.4Fが住居兼サロンになる予定ですが、建物の入り口は中国式さんと同じになります。隣の隣は、接骨院になります 私は、ハワイアンロミロミを重点的に+アロマと言った感じを考えてます。住居が一緒なのであとでごたごたと問題があってもイヤなので避けるべきなのでしょうか。 アドバイスお願いします。

A.中国式整体がすでに入っている建物への入居・ロミロミ+アロマのサロンの開業につ いてのご質問です。

その建物の場所、建物の様子、周りの環境について分からないため、何とも言えませんが、もし私であれば、次の事については必ず確認すると思います。

不動産の価値(=そこで商売をした時の利益値)を決めるのは、場所柄、建物のグレード、建物に入ってくるお客様の層、人数、その前の道の通行量、近隣のお店の集客力などです。

これらを勘案して、

@その中国式のお店に来店しているお客様の様子、数・・お店は繁盛しているか?どんな人が多く利用しているか?お客様はだぶりそうか?

Aそのお店は営業の実績はどれくらいか?どんな人が経営しているのか?どんな人が働いているのか? 今後も継続して営業する予定があるのか? 

Bお店へのアプローチは清潔になっているか?共用階段などは清掃が行きとどいているか? 誰が清掃しているのか? 

C2階のお店と3階のや家賃の差はいくらか?

などなどです。

一般的にエスカレーター、エレベーターのない建物の3階は商売には不向きとされており、お店を開店した場合にお客様は階段の上り下りで不便を感じることになると思います。

また中国式整体は一般的にはアロマなどの民間・自然療法と同じく国家資格ではないにもかかわらず、治療をメインに打ち出しているケースが多く、(そのお店がそうだ とは決して申し上げてませんし、他のお店もそうだとは決してそうだとは言いませんが・・・・)ちょっと??かなと思わせることが多くあるときもあります。

いずれにせよ、物件の特定ができませんため、なんともいいがたいですが、私が開業する立場であればちょっと慎重にならざるを得ないと思います。



第1章 開業について
1-12.ロイヤリティについて 

Q.ネイルのサロン開業を希望している者です。自宅での開業を検討していたのですが、この度、スクールの先生の紹介で、市内にスペースを借り ネイルサービスをする事が出来るようになりました。10坪ほどのビルの4階に髪の毛のエクステンション専門店とネイルテーブルひとつといった感じのスター トです。
オーナーは、「売上の30〜40%をロイヤリティーとして払ってくれたらいいよ。」と言ってくださるのですが、それが高いのか安いのか目安が分かりません。 あと、知人にも「条件はきちんと書面に残したほうがいいよ。」といわれるのですが、どのようなことを決めておくべきなのでしょうか?

A.ご質問のロイヤリティと契約形態についてお話させていただきます。 
まず始めにロイヤリティですが、ロイヤリティという言葉は通常フランチャイズ形式でお店を出店するにあたり、加盟店がその本部に支払う金銭のことです。

一般的に身近な所では、FC形式で開業しているコンビニがその本部に、売上げの何%、もしくは月々いくらと決めて支払っているのが有名なところです。

その性質としては、本部が一括して行う販売促進・広告費用、店舗の在庫管理システム、従業員の研修費用、一括仕入れによるボリュームディスカウント分と考えられています。 もっと分かりやすくいえば、いわば”のれん”代です。

今回のケースですと、場所代としての性質が強いものと思われますが内容を吟味するのが大切だと思います。

1例として、そのスペース全体(10坪)のうちどれくらいの面積を使用するのか? ネイルのサービスも一緒に宣伝広告をしてくれるのか? 光熱費や電話代などの通信費、各種チラシ、パンフレットなどの印刷物はどちらが負担するのか? お客様に万が一のことがあったらどちらが責任を負うのかなど様々なその内容の要素が考えられますが、それらによって変わってくると思います。

一概に売上げの何%とは言えないと思います。

よくアロマやエステサロンなどでも委託開業形式と称して単純に4割、5割と決めて行っいるケースがありますが、売上げがいくらからいくら までなら何%、いつからいつまでが何%と決めておいたほうが後々オーナーさんとの間でトラブルにならないと思います。

オーナーさんが一般的に場所代は2〜40%だよとオーナーさんご自身が収支計算をせずに話を持ちかけてきた場合は要注意です。

オーナーさんご自身が経済的に余裕のある方である場合はまだしも、一般的に現状の景気状況で、 自分にもたらされる利益が見込まれない場合は、オーナーさんの事情で振り回されることが多いのでよ〜く、じっくり話し合い、その結果を契約書に取りまとめるのがベストです。


<1-5.フェイシャルのみの開店は可能か に戻る
>2-1.集客についての数の論理 へ進む


Copyright (C) 2017 Lavender Hill Japan - Produced by T.M. Creation Co.,Ltd. All rights reserved
本サイトの文章、画像などを許可なく複製・使用することは禁止します。
Copyright (C) 2002-2017 潟eィー・エム・クリエイション